SMCAとは?

子供の適切なスポーツ環境を整備する
~目先の一勝よりも大切なこと~

メディカルを理解しない指導者が故障する子供を作る

・深夜まで及ぶ練習
・過度な負荷を掛けるトレーニング
・体のケアをすることをしないチーム

未だ多くの少年少女チームで目の前の勝利を優先し、子供の発育を無視したトレーニングが行われています。何故そのようなトレーニングが実施されるか?それは、メディカルを理解しない指導者が未だ存在しているからです。

少年少女スポーツで問題視されている「酷使」
小さい頃から厳しいトレーニングに耐えてきた子供たちの体。
知らぬうちに子供の体に疲労が溜まり、いざこれからというときに、
その疲労が故障になり、思うようにプレーができなくなったり、最悪スポーツができなくなったりということが起きてしまいます。

本来であれば、子供の発育等、メディカルを理解した指導者が、
子供の体を守りながら指導をすることが理想でしょう。
そのような状況を作るのが我々の役目です。

暴力、強制、命令による指導が子供の可能性を潰す

暴力排除が叫ばれるスポーツ業界ですが、実情としては無くなることはなく、
悲しいことに少年少女スポーツ界でも、暴力はじめ強制、命令による指導が蔓延しています。指導者の視線を気にしながらプレーする子供たち。
暴力、強制、命令による指導は子供の可能性を潰す可能性が大きくあります。
そして、そのような環境下では保護者も子供を安心して任せることができません。そのようなチームを無くし、子供がイキイキとスポーツをできる環境を作るのが我々の役目です。

スポーツ指導者をアップデートする

スポーツ医学に強いドクターの協力を得て教本を作成します。
教本をもとに教材動画を作成し会員サイトにアップします。
会員は動画を見ながら学習し、テストを受講していただきます。
メディカル&コンプライアンスの理解を促進します。

コンプライアンス&メディカル修得ライセンスを発行

テストに合格した指導者にはライセンスを発行します(有効期間1年)
又、当団体発行のライセンスを取得している指導者が3名以上いるチームには
チームライセンスを発行します。
毎年更新のための受講を促し、常に最新のコンプライアンス&メディカルを体得した
指導者の育成を目指します。