Best Coaching Award 2020

~目先の一勝よりも大切なこと~
2021年1月23日(土)オンライン開催
主催:一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会

スポーツメディカル コンプライアンス
則った指導方法を実践している
優秀なチーム、指導者を表彰します。

開催目的 子供たちの適切なスポーツ環境を整備するためにメディカル&コンプライアンス
逸脱した指導を0にしたい。そのために、既に知識があり実践されている指導者たちに
スポットライトを当て、今の日本のスポーツ環境に求められている事を多くの方に
知っていただきたい。

選考対象 日本の学童・少年野球チーム 
(学童野球、少年野球、ポニーリーグ、ボーイズリーグ、リトルリーグ、リトルシニアリーグ、
中学校部活、ヤングリーグ、女子野球チーム、フレッシュリーグ等)

選考基準 ●子供たちの未来を見据え、怪我や障害を起こさないように心がけ、メディカルとコンプライアンスの両方面より指導にあたられているチーム及び指導者
●学ぶ意識が高く情報をアップデートして指導に取り組める指導者

全国の対象チームの公募を元に当協会の理事、
評議員、審査員の審査により選考を行います。

昨年度ベストコーチングアワードの結果

★★★(Triple Stars)

・浦和ボーイズ(埼玉県)
・春日学園少年野球クラブ(茨城県)
・堺ビッグボーイズ(大阪府)
・館林慶友ポニー(群馬県)
・玉名町少年野球クラブ(熊本県)
・TOHOパイレーツ(東京都)
・特定非営利活動法人 前橋中央硬式野球倶楽部(群馬県)
・西田川ジュニアクラブ(福岡県)
・本庄ボーイズ(埼玉県)
・南生田ウイングス(神奈川県)
・八幡イーグルス(東京都)
・レッドスネークコルツ(神奈川県)
・和光リバーツインズ(埼玉県)

★★(Double Stars)

・赤西ナインスポーツ少年団(東京都)
・市川ポニー(千葉県)
・市原ポニーベースボールクラブ(千葉県)
・鎌倉笛田エース(神奈川県)
・特定非営利活動法人春日部ボーイズ(埼玉県)
・北斗ベースボールクラブ(北海道)
・みなとみらいクラブ ブルーウインズ(神奈川県)
・南大分友愛ベースボールクラブ(大分県)

★(Single Star)

・昭島リトルリーグ・リトルシニア(東京都)
・石巻ウィンズ(愛知県)
・宇都宮ポニーベースボールクラブ(栃木県)
・大井亀少クラブ(埼玉県)
・大阪狭山ヤング(大阪府)
・大府ワイルドボーイズ(愛知県)
・片山ウイングス(埼玉県)
・STUDIO GRANT(大阪府)
・金目クラブ(神奈川県)
・清瀬ポニーリーグ(埼玉県)
・キングドラゴンズ(東京都)
・湘南ヤングスラッガーズ(神奈川県)
・高茶屋ブルーオーシャンズ(三重県)
・高松ボーイズ(香川県)
・つくばポニー「つくばJ warriors」(茨城県)
・栃木南ポニーブロンコ/栃木南Hopes(栃木県)
・豊川イーグルス(愛知県)
・西東京ドジャース(東京都)
・ニューダイヤフレンズ(埼玉県)
・花見川少年野球クラブ(千葉県)

受賞チームの声

私たちが進めてきた「子供ファースト」の野球が野球に造詣が深い方々やスポーツ医学に詳しい医師から認められて形になったことは大変うれしく思います。
これからも新しい野球スタイルに挑戦していきます。

鎌倉笛田エース 神奈川県 ⭐⭐受賞

「★★」「★★★」を受賞出来るように、今後とも子供達の為、子供達の将来の為に努力して参ります。

つくばポニー「つくばJ warriors」 茨城県 ⭐受賞

まだまだ指導者一同、勉強しないといけないことだれけですが、子供たちと一緒に成長させてもらえるように頑張ります。

花見川少年野球クラブ 千葉県 ⭐受賞

「故障をしない・しにくい取り組み」をもっと追求していかないといけないと思いました。
受賞を励みに、既存の枠に捕らわれず、トライ&エラーを繰り返して良くして来たいと考えます。

レッドスネークコルツ 神奈川県 ⭐⭐⭐受賞

少年少女が今何をすべきなのかそして指導者は何をすべきなのか!
第三機関から評価されることはより一層ステップアップをする機会になります!

和光リバーツインズ 埼玉県 ⭐⭐⭐受賞

賞の種類 ★★★(TripleStars)
選考基準を満たしたチームから選出

★★(DoubleStars)
選考基準を満たしたチーム

★(SingleStar)
選考基準に則り認定されたチーム

開催に際して代表挨拶

この度、一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会(以下、当協会と略す)が主催する
『ベストコーチングアワード2020』という指導者様を表彰するアワードを行います。

今年度は新型コロナウイルスの影響により実地開催には至りませんが、

こちらの表彰は2021年1月23日(土)オンライン開催にて配信させていただきます。

当協会は子供たちのスポーツ環境を整備するために活動をしています。
これまでにご要望をいただいておりますリーグやチーム関係者向けにスポーツパーソンシップ(スポーツマンシップ)、子供の怪我の状況に対する講演をして参りました。
皆さまに関しては子供の明るく健全な教育に努めているかと思いますが、
当協会の活動にも一緒に取り組んでいっていただけると幸いです。

様々なメディアにて『ベストコーチングアワード』が取り上げられることにより受賞チームの名前も公表されます。

想定されるメリットは来年度の新入団選手の選択されるチームとなるべく効果が期待されます。
一方で表彰ノミネートされないチームに関しましてはチーム方針から抜本的な改革が
必要というように代表及び役員の方たちが再考していただければ幸いです。

あくまでも子供たちの未来を守るため、怪我から子供たちを守るため大好きな
野球をスポーツを続けてもらうために私たち父兄及び指導者様の改革が急務であります。

とりわけ当協会においては高校野球未満つまり小学校、中学校の
野球活動において指導者様及びチームを対象に表彰させていただきます。
受賞チームに関しましては記念品の贈呈と受賞を証明する賞状を授与させていただきます。

この活動が年々大きくなり活発になり様々な指導者様が子どもたちの教育に対して
抜本的な改革をなされスポーツ環境をより良いものに再構築していただけることを切に願っております。
つきましてはアンケートにお答えいただきまして『ベストコーチングアワード2020』にエントリーしていただけると幸いです。

なお受賞チームに関する数の制限はございませんのでふるってご応募いただければ幸いです 。

一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会 代表理事 中野 司