Best Coaching Award 2019 ~目先の一勝よりも大切なこと~

2019年12月15日(日)12時00分開場予定

フクラシア丸の内オアゾHall A(東京駅徒歩1分)
主催:一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会





スポーツメディカルコンプライアンスに則った
指導方法を実践している優秀な指導者を表彰します。

開催目的 子供たちの適切なスポーツ環境を整備するためにメディカル&コンプライアンス
逸脱した指導を0にしたい。そのために、既に知識があり実践されている指導者たちに
スポットライトを当て、今の日本のスポーツ現場で求められている事を多くの方に
知っていただきたい。

選考対象 日本の少年野球チーム 
(ボーイズリーグ、リトルリーグ、リトルシニアリーグ、中学校部活、学童野球、ヤングリーグ
ポニーリーグ、女子野球チーム、フレッシュリーグ等)

選考基準 ●メディカルとコンプライアンスに基づき指導を実践されている指導者
●学ぶ意識が高く情報をアップデートして指導に取り組める指導者
●長い将来の目標と怪我をさせない、未然に防ぐ知識を持って指導を実施できる指導者

全国の対象チームの公募を元に当協会の理事、評議員、
審査員(プレゼンター)の審査により選考を行います。

賞の種類

Triple StarsDoubleStars受賞者の中から複数チーム選出

・浦和ボーイズ
・春日学園少年野球クラブ
・堺ビッグボーイズ
・館林慶友ポニー
・玉名町少年野球クラブ
・TOHOパイレーツ
・特定非営利活動法人 前橋中央硬式野球倶楽部
・西田川ジュニアクラブ
・本庄ボーイズ
・南生田ウイングス
・八幡イーグルス
・レッドスネークコルツ
・和光リバーツインズ

Double Stars選考基準を満たしたチームの中で数チーム選出

・赤西ナインスポーツ少年団
・市川ポニー
・市原ポニーベースボールクラブ
・鎌倉笛田エース
・特定非営利活動法人春日部ボーイズ
・北斗ベースボールクラブ
・みなとみらいクラブ ブルーウインズ
・南大分友愛ベースボールクラブ

Single Star選考基準に則り認定されたチーム

・昭島リトルリーグ・リトルシニア
・石巻ウィンズ
・宇都宮ポニーベースボールクラブ
・大井亀少クラブ
・大阪狭山ヤング
・大府ワイルドボーイズ
・片山ウイングス
・STUDIO GRANT
・金目クラブ
・清瀬ポニーリーグ
・キングドラゴンズ
・湘南ヤングスラッガーズ
・高茶屋ブルーオーシャンズ
・高松ボーイズ
・つくばポニー「つくばJ warriors」
・栃木南ポニーブロンコ
・栃木南Hopes
・豊川イーグルス
・西東京ドジャース
・ニューダイヤフレンズ
・花見川少年野球クラブ

スケジュール 日程:2019年12月15日(日)

12:00  開場
12:30  開始
 ・古島弘三医師(慶友スポーツ医学センター長)によるセミナー
 ・プレゼンター(現役プロ野球選手、プロ野球選手OB、有識者)によるパネルディスカッション
 ・★の発表 → ★★、★★★の表彰 → メディア取材、写真撮影
15:00  終了予定

会場 フクラシア丸の内オアゾHall A(東京駅徒歩1分)
東京都千代田区丸の内1丁目6−5 丸の内北口ビルディング16階

メインプレゼンター

古島 弘三(ふるしま こうぞう) 医学博士 一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会 特別顧問
平成10年弘前大学医学部卒.同大学整形外科入局.平成14年同大大学院卒業.高岡整志会病院整形外科を経て,平成18年5月当病院勤務.日本整形外科学会専門医.日整会認定スポーツ医.日本体育協会スポーツドクター.医学博士

他、多数のプロアスリートが参加予定

主催 一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会

当法人は子供たちのスポーツ現場における指導者及び父兄への正しいスポーツ教育の周知、
育成を目的とし次の活動を行っています。
・講演活動
・eラーニング
・ライセンス発給
・スポーツにおける現状の調査、公示
・環境改善に関する研究
・医学的側面によりケガ防止に対するプログラムの構築
・国、地方自治体、政府に対するスポーツ現場の報告、陳情提出

開催に際して代表挨拶

この度、令和元年になり一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会(以下、当協会と略す)が主催する
『ベストコーチングアワード2019』という指導者様を表彰する試みを行います。

こちらの表彰は東京駅近くフクラシア丸の内オアゾにて野球功労者(元プロ野球選手)からの受賞もあり、
多くのメディアにも取り上げられますので今までの活躍を公に評価される貴重な機会です。

我々は子供たちのスポーツ環境を整備するために活動をしています。
これまでにご要望をいただいておりますリーグやチーム関係者向けにスポーツパーソンシップ(スポーツマンシップ)、
子供の怪我の状況に対する講演をして参りました。
皆さまに関しては子供の明るく健全な教育に努めているかと思いますが、
当協会の活動にも一緒に取り組んでいっていただけると幸いです。

数多くのメディアにて『ベストコーチングアワード』がニュースとして
取り上げられることにより受賞チームの名前も公表されます。

想定されるメリットは来年度の新入団選手の選択されるチームとなるべく効果が期待されます。
一方で表彰ノミネートされないチームに関しましてはチーム方針から抜本的な改革が
必要というように代表及び役員の方たちが再考していただければ幸いです。

あくまでも子供たちの未来を守るため、怪我から子供たちを守るため大好きな
野球をスポーツを続けてもらうために私たち父兄及び指導者様の改革が急務であります。

とりわけ当協会においては高校野球未満つまり小学校中学校の
野球活動において指導者様及びチームを表彰させていただきます。
受賞チームに関しましては記念品の贈呈と受賞を証明する証明書及ワッペン、ステッカーを授与させていただきます。

強制ではありませんが受賞チームに関しましてはヘルメットにステッカーを貼っていただいたり
ユニフォームにワッペンを貼っていただくことによって当協会が推奨するチームという証としていただければ幸いです。

この活動が年々大きくなり活発になり様々な指導者様が子どもたちの教育に対して
抜本的な改革をなされスポーツ環境をより良いものに再構築していただけることを切に願っております。
つきましてはアンケートにお答えいただきまして『ベストコーチングアワード』にエントリーしていただけると幸いです。

なお優秀チーム及びノミネートチームに関する数の制限はございませんのでふるってご応募いただければ幸いです 。
表彰対象チームは当日表彰の為、アワード会場までご足労いただきますが、
指導者様が来られない場合は代理として選手の保護者であれば可能です。
ノミネートチームの関係者にはお越しいただけると幸いです。

     一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会 代表理事 中野 司